筆記開示のやり方と効果について

f:id:gloriouslifehack:20190824022259j:plain
私たち人間は、さまざまな感情をもつ生き物です。

誰もがそれぞれに「悩み」を抱えています。

この"ストレスを感じる"という状況は不利益なイメージが強いと思います。

しかし実は、この"ストレス"というモノは生活を改善させるために必要なことを知る手がかりにすることができます。

ストレスを溜め込んでばかりいるのは心と体に良くありません。

今回紹介するのは、こういったストレスを他人の目を気にせずに自分だけでアウトプットできる「筆記開示」という手法です。

ストレスを感じている"今"だからこそ原因を洗い出して気持ちをスッキリさせましょう。

 

 

 スポンサーリンク 

 

| やる場所 

・自分の部屋といったような、自分以外に誰もいない場所

・周りの目を気にせずにいられる環境

| 用意するもの

ノート、筆記用具

 

 思いっきり悩み、苦しみ、不安を書き出しましょう

ノートに自分が抱えているストレスをすべて書き出しましょう。

「箇条書き」で書くことで後のステップがスムーズになります。

どんなに小さいことでも構いません。

誰かが見るわけでもありません。

自分が読める程度の字で、自分の心に素直になって書きましょう。

感情的になっても大丈夫です。

時間の制限も特にありません。

自分の気がすむまで書き出してください。

 

Example

・最近とにかくダルい

・何をしてもやる気がでてこない

・〇〇がウザい

・お金が欲しい

・もしかして病気じゃないか..

 

 

 自分の手に負える問題かどうかを見極める

前項のステップを終えると心が少しは落ち着いてくると思います。

ここのステップでは、書き出したリストの問題に客観的な視点で向き合います。

✔︎ 自分の力で解決できる問題かどうかを判断する

・自分で解決できそうなものには「YES」を。

・できないものには「NO」を。

人間にはできることとできないことがあります。

この時点でそれが自分の手には負えない問題かどうかを見極めます。

NOに分類されたものはこの時点でラインを引いて消してしまいましょう。

これをすることにより、自分の手で改善できることが明確になります。

 

Example

✖️ 上司の愚痴がうるさい → No (上司の行動は変えられません)

◯ 愚痴を聞いているとイライラする → Yes (愚痴を聞いた時の自分の受け取り方、考え方は変えられます)

 

 

 優先順位を見極める

次にあなたの現状を改善させるために大きな効果のある項目を見極めます。

✔︎ どれくらい早く解決させたいかを考える。

・できるだけ早く解決させたい問題には「5-10」を。

・そうでないものは「1-4」を。      

具体的な数値に関しては自分の直感で結構です。

 

Example

・試験が近いのに勉強に集中できない → 8点

・好きな子ができたけど何も行動ができない → 4点

 

 

 原因と解決策を書き出す

前のステップの作業によって、点数が高くついたものから始めていきましょう。

なぜそうなのか?(原因)ということに加え、それを解決するためにはどうすれば良いか?(解決策)の二つを書き出しましょう。

 

Example

・なんでそう思うの?

・じゃあどうすれば良いの?

これらの質問に対しての回答を書きましょう。

この作業をすることで、「ストレス思考」が「ストレス改善思考」に切り替わり、自分がこれから何をするべきかが明確になります。

   

おわりに... 

このように、自分のなかで抱えている問題を外に書き出すことで、客観的な視点からそれらを把握することができ、整理をすることができます。

一見バカみたいな行為に思えるかもしれません。

しかし、これらの作業を終えると気持ちがスッキリします。

ストレスや心配事を抱え込んでばかりいてはトクをすることはありません。

筆記開示をすることによって、「自分はどうするべきか?」という能動的な思考回路が自然に構築されていきます。

自分のやらなければいけないことが明確になったら、ToDoリストのようなやるべきことをまとめていくノートを作るのも効果的かもしれません。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

www.gloriouslifehack.blue