【除湿機】使うメリットと実生活における使用例紹介

f:id:gloriouslifehack:20190824042301j:plain
洗濯物を干すときは天気湿度をはじめ、様々な要因を考慮しなければなりません。

特に、ベランダに干していた洗濯物が予想外の雨にやられてしまい、洗濯をし直さなければいけないなんて状況は時間的にも金銭的にも最悪です。

また、一人暮らしの人(特に女性)は洗濯物を外に干しておくことで一人暮らしが外部から特定されてしまう危険性もあるようです。 

               f:id:gloriouslifehack:20190113182621p:plain

そして 花粉、タバコの煙、自動車の排気ガスといった要因も好ましくありません。

           f:id:gloriouslifehack:20190224152221p:plain

このように気にすることがたくさんある洗濯物干しですが有能な助っ人が存在します。

そう、それは 除湿機 です!

彼の素晴らしさをぼくの経験からお伝えしたく、この記事を書いています。

5年間の寮生活で彼と出会って以来、彼には感謝の気持ちしかありません!!

除湿機を簡単に説明すると「ある空間内の湿気を取り除く機械」です。

冬によく見かける加湿器とは逆の性質を持ち、梅雨のジメジメとした室内の環境を改善してくれたり、洗濯物を乾かしてくれたりします。

本記事では、洗濯物干しをする時の使い方を紹介していきます。

まず始めに、除湿機には除湿処理の仕方に違いがあることを知っておきましょう。

これについては ↓ の記事がとてもわかりやすいのでご参照ください。

monomania.sblo.jp

上の記事からもお分かり頂けますように、洗濯物干しのような衣類乾燥性能を重視する場合は「デシカント式」がいいです。

ぼく自身が使っているのもこの方式を採用しています。

 

ぼくが使っている除湿機は以下のモデルです。         

 

 

| 除湿機の設置場所

洗濯物干しを前提とした設置場所は

一人暮らしの場合 → 室内物干しの真下 or バスルーム

家族と共同生活の場合 → リビング or バスルーム

が良いでしょう。バスルームにはもの干し竿が設置しやすく、風呂掃除をした後に除湿機を使用することで壁の端部に水カビが生えることを防ぐことにも効果的です。バスルームのドアを閉めることにより、デシカント方式の熱エネルギーの効能も最大限に得られます。

リビングやワンルームでは床に設置するタイプの室内物干しを使ってみるのも良いかもしれません。

<Ad>

 

<Ad>

 

| 除湿機のONとOFFのタイミング

ぼく自身が洗濯物を干しているのは朝〜夕方です。

除湿機を使うタイミングを流れでで説明すると

1. 朝起きる

2. 前日に着た衣類を洗濯機に投入

3. ブログ

4. 洗濯機の合図が聞こえたら取りにいく

5. 洗濯物をハンガーにセットして室内物干し竿にかける

6. 除湿機をセットして、スイッチをON!

7. 学校に向かう

8. 洗濯物が十分に乾いていたら除湿機の電源をOFF!

といった具合になります。

 

      f:id:gloriouslifehack:20190113204905p:plain

| 定期的な水処理と清掃を!

 除湿機は加湿器とは逆で水が貯まります。

そのため、定期的に水を捨てることが必要になります。

また、空気を吸い込むフィルターも搭載されているため、ホコリ除去といった簡単な清掃をすると良いでしょう。

        f:id:gloriouslifehack:20190113210524p:plain

 

いかがだったでしょうか?

除湿機を使うことによって外気・天候・プライバシーといったような環境に左右されず、自分のスケジュールにあった洗濯ができるようになります。

この記事が洗濯もの干しに困っている方への良い情報源になれば嬉しく思います。

最後まで読んでくださってありがとうございました。