人は必要なときに必要な人と出会う

f:id:gloriouslifehack:20190913211318j:plain

人生で出会う人すべてに意味がある。

もしもあの時、違う道に進んでいたとしたら、

今のあなたの周りにいる人とは出会うことは無かったはずだ。

あるいはどこかで偶然出会ったとしても、あなたの名前を知ることはなかっただろう。

人生で出会う人すべてに意味がある。

あなたはこれまでの人生でたくさんの人に出会ってきたと思う。

もしも一年遅く生まれていたら、あなたの「今」は全く変わっていたはずだ。

今いる友達とは一切口を利かなかったかもしれないし、一緒に笑ったことや、泣いたことも無かったことになっているかもしれない。

地球上には約77億人もの人がいると言われている。

この事実からも分かるように、「出会い」というのは奇跡のような確率で起こる。

"この人に出会えてよかった" と思える人は実に多いと思うし、なかには出会いたくなかった人もいるかもしれない。

それでも、ぼくたちが生きていく中で出会う人の全てが、自分にとって必要な人だ。

もしも「あの時」に「あの人」がいなかったらと考えてみよう。

すると、不思議とその人は自分の人生にとって、良い意味でも、悪い意味でも、あなたの学びや成長に関与していたことが分かる。

たとえその人から嫌な扱いを受けたとしても、自分の反面教師にできるし、

素敵な人からはたくさんの良さを学ぶことができる。

これまでも、そしてこれからも、あなたは人生で必要な時に必要な人と出会う。

その人との出会いは、自分の成長に不可欠なんだと考え、

その人のネガティヴな要素は自分に取り入れてはいけないと学び、

ポジティブな要素には敬意を払い、どんどん学び、どんどん吸収していく姿勢こそが、

“あなた” という人間の価値を高めていってくれるだろう。