TOEICの点数を伸ばすためのTips

f:id:gloriouslifehack:20190824024908j:plain

本記事では、TOEICをすでに何度か受験をされていて、これからの点数UPを狙っている方に向けたTipsを紹介します。

この記事を書いている人間はどのくらいの英語能力があるのかということは、おそらく多くの方が気にされると思います。簡単に紹介させていただくと、ぼくが持っているTOEICの点数は 685 点です。

リスニングが得意で、リーディングが不得意なタイプです。

f:id:gloriouslifehack:20190505111856j:plain

初めてTOEICを受けた時には 500 点でした。

これからもスコアUPを狙ってTOEICを受験します。

ぼくがTOEICの学習を効率化させたいと思った際に、とても参考になった動画があります。

本記事でも引用させていただいいるところがあるので、以下にリンクを貼っておきます↓

 


900点突破の最短ルート‼TOEIC勉強法【惜しみなく教えます】

 

この方は900点を突破されていて、非常に実践的な勉強法を紹介して下さっています。

ぼくもこの動画から学び得た学習法を実践したおかげでスコアアップしました!

本記事では、自分の忘備録の意味も込め、点数を上げるために必要なことを書いていきます。

ぼくとしてはミニマルな情報のみを載せているつもりです。

どうぞお楽しみ下さい。

 

 

スポンサーリンク 

 

両方に使える対策 

| TOEIC頻出単語・フレーズは覚えておく

TOEICに出てくる単語やフレーズは特有のものが多いです。

特に、ビジネス系の用語が多いため、これらに慣れておく必要があります。

語彙力を鍛えることで、リーディングのスピードが上がります。

そして、リスニングの内容の理解レベルも上昇します。

 

                 f:id:gloriouslifehack:20190326111317p:plain

Amazon  TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ

Rakuten  TOEIC L&R TEST 出る単特急金のフレーズ

 

| 公式問題集はやる価値あり

これは、高校受験をする際にやるべきことである"過去問を解く"感覚に似ています。

問題形式や解答時間について知っておくことで、「どんな形式の問題が苦手か」といったことや、「どのくらいの時間で問題を解く必要があるか」などといったように、自分のこれからの弱点克服に向けた対策をする上での基礎が築けます。

これができることで、「自分にはどんなジャンルの参考書が必要か」といったことや、「どんなスキルを改善させるべきか」といったことが明確になっていきます。

 

          f:id:gloriouslifehack:20190326121633p:plain

Amazon  TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

Rakuten  TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

  

 

リスニング対策

| 英語字幕付きでYoutube 

リスニング力を伸ばすためには"英語を聞く"ことを習慣にすることがオススメです。

Youtubeは、簡単に英語音声の動画にアクセスをすることができます。

そして、自分が興味・関心を持っいる内容のものを見つけることができます。

英語のレベルは"あなたが聞き取りやすいと感じたもの"で構いません。

字幕がある動画を見ることで、このフレーズはこうやって発音しているのか!といったようなリスニング能力を培うための実践的な気づきが得られます。

毎日10分くらいの動画タイムを続けることで、耳が英語を聞くことに慣れていきます。

 

         
The Greatest Treasure: Learn English (US) with subtitles - Story for Children "BookBox.com"

 

| シャドウイングという技術を身につける

シャドウイングとは、「聞こえた音声を自分の頭の中で復唱する」ことを言います。

字幕付きのYouTube動画で練習をすることで、自分がわからなかった内容を確認することができます。

頭の中で聞いた内容を繰り返し再現することによって内容の理解度が上がります。

何も難しい事はなく、わからない単語やフレーズが流れた際には、"それっぽく"繰り返しておけば大丈夫です。

試験で会話や放送を聞いている際に、「あっ、この単語聞いたことあるけどなんだっけ」となってしまっては、流れている音声を聞き流してしまうことになるので不利益です。

こういった事を防ぐためにもこの技術を持っておくと安心です。

 

| abceedというアプリを使って1.3倍速で音声を聴く

このアプリには、音声を聞くスピードを調整できる機能が備わっています。

ここでは、音声を1.3倍速で聞く事をおすすめします。

あまりにも早いスピードで聞いてしまうと、内容を理解する意欲すらなくなってしまうため、"聞き流して終わる"というただの時間の無駄使いになってしまうからです。

この速度の音声を聞くことに慣れておくことで、本番の音声を聴く際には落ち着いて聞き取ることができます。

 

 

リーディング対策

| 英語を読む習慣を身につける

ぼくがリーディングセクションを解いているときに感じるのは、「もう少し早く読めたらな」ということです。

こう感じてしまうのは他でもなく、読むことに慣れていないからでした。

それに気付いてからは、簡単な英語の文章を読むクセをつけるようにしました。

前項でも、"慣れ"や"習慣"が大切という事は散々書いていると思いますが、本当にこれにつきます。

簡単な英文読解練習の段階では、リーディングセクションの5つくらいのパッセージの量を読むことがオススメです。

ぼくがそうだったのですが、最初は小中学生が読むくらいのレベルからのスタートで良いと思います。

何事も最初のハードルは越えやすい高さがいいです。

 

| 主観で読むことを意識する

TOEICのパッセージの内容には、圧倒的にビジネス系のものが多いです。

求人情報、ホテルの宿泊条件、お店のチラシなどといったものがこれにあたります。

これを"主観で読む"クセをつけると頭に内容が残りやすいです。

オンライン上では、簡単にネイティブが書いた文章にアクセスをすることができます。

自分が興味を持っている内容のものを選んで読むように心がけることで、自分が"読みたいから読んでいる"という能動的な気持ちを得やすくなります。

これに慣れておくことにより、試験問題のパッセージもまるで自分の問題であるかのように捉えながら読むことができます。

 

                          f:id:gloriouslifehack:20190326130032p:plain

Amazon  TOEIC L&R TEST 読解特急

Rakuten  TOEIC L&R TEST 読解特急

 

| 迷う時間を極力減らす 

ぼくは、TOEICで全問解ききれたという経験をしたことがありません。

それはおそらく迷ってしまうことで時間ロスをしているからです。

ぼくが解答の際に意識している事は、「これが正解だという理由を説明できない問題は直感で解答してしまう」ということです。

これは適当すぎるだろ!と感じる方もいると思いますので付け加えると「これは絶対に違う」という答えは選んでいません。

消去法で候補を減らすことでこれが正解だったらいいな〜といった感じです。

未だに全問は解ききれませんが、これを心がけることで以前よりはマークシートを塗り絵する範囲は減りました。

 

おわりに...

現代の社会では、学校での単位取得、就職活動、社内での昇格等々、TOEICの点数を持っていることで得られるメリットは沢山あります。

しかしながら、多くの人は他にも優先しなければならないことがあります。

TOEICは "とにかく勉強量" や "努力と根性" といった印象が強いと思いますが、大事なのは作業の量よりも "どれだけ成果を出したか" です。

"時間がない"と思う状況下でも、ぼくたちの脳は意外と素直なもので、行動で自己管理をすれば自動的にその通りに動きだします。

ToDoリストのように、やるべきことを細かく指示できるものがこの作業をスムーズにしてくれます。

  最後まで読んでくださってありがとうございました。

www.gloriouslifehack.blue