iPhoneユーザーにオススメの多機能充電ケーブル

f:id:gloriouslifehack:20190824021354p:plain

 

充電ケーブルには、 USB Type-C, Micro USB, Lightning などと、様々な端子に対応するものが出回っています。

また、最近では、以前までは Micro USBであったものが、モデルチェンジに伴い USB Type-C を使うようになったなどと、ケーブル類は必要以上に増えてしまう傾向にあります。

ぼくは「必要以上にモノを持たない暮らし」をしているのですが、ミニマルな暮らしを心がけるようになってから気づいたのは、 "ケーブル類が多すぎた" ということでした。

ぼくが理想としていたのは「できるだけ多くの端子に接続して充電ができる」ということに加え、「PCと繋いでiPhoneのデータ処理ができる」という2点でした。

果たしてこの理想は叶うのかと Amazonでネットサーフィンをしていたところ、魅力的な商品に出会いました!

それが本記事で紹介する「 Anker PowerLine Ⅱ 3-in-1 ケーブル 」です。

 

簡単にぼくが思う長所を紹介させていただくと、

Lightning, Micro USB, USB-C 端子に対応

iPhoneとPCを繋いでデータ処理ができる

急速充電に対応している

デザイン性・耐久性に優れている     

 

の4つです。具体的な特徴に関しては商品のサイトを見ていただくことをオススメします。        

f:id:gloriouslifehack:20190821144107p:plainf:id:gloriouslifehack:20190821150007p:plain


このケーブルを手にしたことで、必要以上に存在していた多くのケーブルを手放すことができました。

今までは Lightning 用に1本、Micro USB 用に1本、USB-C 用に1本などと、使う頻度や種類がバラバラなケーブルの管理に追われていましたが、これらの3つが1つのケーブルにまとまってくれたことによって大きく改善されました。

旅行やお出かけに行く際にも、一つを持っておくことで様々な機器に対応させることができるのは非常に便利です。

そして、正直に最初は iPhoneとPC間でのデータのやりとり(音楽や写真の転送など)というのは期待をしていませんでしたが、良い意味で裏切られました。

Appleの純正ケーブルと相違のないレベルで処理をすることができます。

2000円という値段については高いように感じてしまいますが、スペックやデザインを考慮すれば納得のいく値段のように思います。

現代ではワイアレス充電などの技術も進んできているため、これからの時代は「モノの管理を出来るだけ楽にしよう」という風潮が強くなって来るように感じています。

 

本記事が、ケーブル類の管理に悩んでいる方への良い情報源になれば嬉しく思います。

最後まで読んでくださってありがとうございました!

 

<Ad>